飛行機に関する話題や写真、搭乗記、ホテル紹介などを書いています。日々、何となく思った事を綴ります。

日帰り旅行記 静岡 前編 2010-06-26 (Day trip – Shizuoka Part.1)

2014.10.15


*この記事は、過去の記事を再編集して掲載しています。そのため、時系列に違和感を感じる場合がありますが、予めご了承下さいますよう、お願い申し上げます。*

141015_1約1年程前に開港した「富士山静岡空港」へ日帰りで行ってきました。せっかくの静岡ですので、少し街中を見てみようと色々計画してみました。今回は公共バスと徒歩のみで行けそうな場所、なおかつ日帰り出来る範囲という事で、島田周辺をうろうろしました。

NH782便 新千歳空港-富士山静岡空港 プレミアムクラス(Premium class)

141015_5新千歳空港では、プレミアムクラスへのアップグレードが可能かどうか確認するため、まずプレミアムチェックインカウンターへ向かいました。チケットは帰りの分も購入していたせいか、GHさんから「往復でアップグレードなさいますか?」と言われ、空席を確認してもらいアップグレード完了。その後はANA LOUNGEへ。

B737-700型機のプレミアムクラス、このシートが結構お気に入りだったりします。ビジネスマンの間では不評のようですが、このゴツイ感じが座っていて何よりも落ち着きます。アップグレード後の座席番号は往路が2A、復路が1Aとなりました。
この日は梅雨前線接近に伴い、薄曇りの北海道から低気圧のど真ん中に向かっていくようなルートでした。エンジンの写真(2枚目)の下は、青森の先端部分です。ただ、秋田上空を過ぎたあたりから雲行きが怪しくなってきました。機窓の写真(3枚目)で分かる通り、一面厚い雲に覆われてしまいました。

Premium デリ(NH782/CST-FSZ)

141015_6時間帯によって「匠味」と「Premium デリ(軽食)」が分けられていますが、この日は軽食です。出発が数分早ければ「匠味」だったのですが…。とはいえ、この軽い感じで食べられる「Premium デリ」が実は好きだったりします。サイズも丁度良い感じです。

食後に紅茶をお願いすると、ポタジエのクッキーも頂けます。周期的に味も変わっていますが、この時は生姜とキャロブのクッキーでした。CAさん曰く、この後揺れる可能性があるという事で、フタを付けて頂きましたが、言葉のごとく結構揺れました(; ・`д・´)

富士山静岡空港 到着(Mt. Fuji Shizuoka Airport)

141015_10静岡上空を数回旋回して雲の切れ間を見付けていたようですが、無事富士山静岡空港へ到着出来ました。いざという時のための着替え等が入った荷物を受け取り、そのまま空港内のコインロッカーへ預けます。そういえば、到着口付近で観光協会の皆さんが、地元のお土産品を無料で到着客へ渡していました。クッキーか和菓子のどちらかを渡していたようで、自分はクッキーを頂きました。
バス乗り場への案内やアナウンス、観光案内等のサービスがとにかく凄く印象に残っています。さすがは観光地だなという感じではありましたが、バス乗り場には必ず1人以上のスタッフが居て、荷物の積み込みや行き先・運賃案内等もしてくれます。自分の場合は事前に観光協会の方へ伝えていた事もあって、到着口でスタッフの方がネームプレートを持って待ち構えて居ましたが(笑)

コインロッカーに荷物を預けに行く途中、空港内を少しうろうろしてみました。中国上海万博の時期だったせいか、特設コーナーが設置されていました。屋上へ上がると、ちょうどアシアナ機が到着したようでしたので、一枚試しに撮ってみました。初めての空港だと、やっぱり難しいですね…。屋上は地元の方と思われる人々で混雑していました。

《つづく》

関連記事

スポンサードリンク

カテゴリー

スポンサードリンク

写真素材のピクスタ